ブログ運営

Googleアドセンスに落ちた理由を自己分析して再チャレンジします

みなさんいつもブログを読んでいただきありがとうございます。

 

今回は、自分がGoogleアドセンスに落ちたと思う理由を分析してお伝えしたいと思います。

 

また再チャレンジしようと思います...!
かがみ

Googleアドセンスに落ちた!再申請するにはどうしたらいい?

以前Googleアドセンスに申請を出して落ちて、そのまましばらく再申請していなかったのですが

 

Googleアドセンスに落ちた理由を徹底的に自己分析してからまたチャレンジしようと思い立ちました。

 

Googleアドセンスは一発で受かってしまう方もいれば、なかなか審査に通らずに何度出しても落ち続けてしまうという方もいると聞きました。

 

Googleアドセンスの審査に受かるのは、なかなか難しいみたいですね...!
かがみ

 

ちゃんと自分が落ちた理由を分析して一つ一つ直していけば、Googleアドセンスの申請に通りやすくなると思うのでダメなところを直して再チャレンジしたいと思います。

 

Googleアドセンスに落ちた理由を自己分析

 

Googleアドセンスに落ちたのは、おそらく以下の理由が原因だと思っています。

 

・サイトのトップページの表示が分かりにくかったから(グローバルメニューが設定されていなかったから)

・YMYLと呼ばれるジャンルの記事が多かったから

・サイトのジャンルが競合が強すぎて、上位表示されにくいから

・サイトのページのカテゴリーがわかりやすく設定されていなかったから

・おそらくGoogleからみてNGだと思われるような画像や文字が記事の文章中に含まれていたから

記事のクオリティが低かったから(読者が読んで、自分の悩みを解決できるような記事じゃなかったから)

・記事数が少なかったから

一つ一つ詳しく解説していきます。

サイトのトップページが分かりにくかった

サイトのトップページは、サイトの顔と行っても過言ではありませんよね。

 

私は、AFFINGER5を導入した当初、サイトのトップページの変更の仕方が全く分からず、適当にいじったまま放置していました。

 

そのため、サイトが来訪者から見て分かりにくいという理由で落とされてしまったのかもしれません。

 

サイトのトップページを分かりやすく綺麗に整えておくことが、 Googleアドセンスに通る条件の1つだと思います。

YMYL系の記事が多かったから

YMYL(Your Money Your Life)と呼ばれるジャンルの記事は上位表示されにくく、審査も厳しいことで有名です。

 

私は当初メンタルヘルスと関連がある(自己啓発系や、成功するためのマインドの持ち方とも関係がある)記事を書いていたので、それがYMYLに属していると見なされ、審査に落ちたのかもしれません。

 

(他の方のサイトを見る限り、メンタル関連の記事を載せていてもGoogleアドセンスに通っている方もいるので、書き方の問題もあるのかもしれません)

 

記事のクオリティが審査に合格する基準に達していなかったのも原因だと思っています。

 

YMYLの記事を書くなら、サイトの記事の信頼できるものであるということをなんらかの形で指し示す必要があります。

サイトの競合が強すぎてサイトが上位表示されにくいから

競合が強いジャンルだと、どうしてもサイトが上位表示されにくいと言われています。

 

私は英語の記事を中心に書いていますが、英語の記事で上位表示されているのは企業のサイトばかりで、個人ブログが上位に食い込むのは難しいのが現実です。

 

また、語学系のブログ記事を書くなら、やはり資格を取ったり、経歴やプロフィールをきちんと書いて、専門性と信頼性を高める必要があるなと感じました。

 

そうでないと、サイトの来訪者の方が本当にこのサイトに書いてあることが正しいのか判断することが出来ませんし、自分も正しくない知識を広めてしまうということになりかねません。

 

上記の問題が解決したらGoogleアドセンスの申請に通りやすくなると思うので、一つ一つ解決していきたいなと思います。

Googleから見てNGだと思われるようなワードや画像を掲載していた

Googleから見て、規約に違反しているワードや画像を掲載してしまっていたのかもしれません。

 

例えば人が亡くなることに関連する言葉や、Googleアドセンスのpvの画像を載せていたのが規約違反だったのかもしれません。

 

従って、その記載や画像が載っている記事を一旦非公開にしたり、画像を削除したりする工夫をしたいと思っています。

記事のクオリティが低かったから

申請当時の1つ1つの記事のクオリティが低かったから落ちたのだと思いました。(申請した際に、価値の低いコンテンツ枠という記載が表示されていたので)

 

他のサイトのリライト記事のような内容が薄っぺらい記事をいくつも量産したところで、おそらく評価されないだろうなと思います。

 

従って、過去の記事で内容が薄っぺらいなと思うところを修正して、また投稿し直していきたいなと思います。

 

記事数が少なかったから

申請に出した当時の記事数が少なかったのもアドセンスの審査に落ちた原因の1つだと思いました。

 

記事の内容やサイトのクオリティそのものが高ければ、それほど記事数を気にする必要はないと思いますが

(3記事ほどでGoogleアドセンス申請に通っていた方もいました)

 

内容を濃くすることができないなら、その分記事数を増やして勝負するしかないかなと思いました。

 

まとめ

今回自己分析してダメだったところを改善して次に活かしたいと思います。

 

分かりやすいサイト設計を目指すことが、Googleアドセンスに通るために大事なことだと思います。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人

かがみ

アメリカ出身の帰国子女です。TOEIC940、英検1級を所持しています。 軽度の発達障害やその他色々な「生きづらさ」を抱えていますが、そんな自分にも何かできることはないかと思ってブログを初めてみました。 英語の勉強法やライフハックについて知りたい方は、ぜひ見ていってください。

-ブログ運営

Copyright© RETURNEE BLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.