ライフハック

GRITがある人になろう!成功する人の条件を調べてみた

みなさんいつもブログを読んでいただきありがとうございます。

 

今回は、成功者になるために必要な条件を調べてみました。

 

何か1つの分野で成功を収めたいと考えている方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

 

成長者になりやすい方の特徴を調べて書いてみたので是非ご覧下さい
かがみ

 

成功者になるのに必要な条件とは?

みなさん、成功者になるのに必要な条件ってなんだか分かりますか?

 

高い知能や素晴らしい才能?

 

実際は、成功者になるのに必要なのは高い知能や才能ではなく、「最後まで1つのことをとことんやり抜く力」だということがわかってきました。

 

最近、成功者になるのに必要な条件として、GRIT(グリット)と呼ばれるものがペンシルバニア大学の教授のアンジェラ・ダックワース氏によって提唱されています。

 

GRITは、4つの要素で構成されていて、生まれ持った才能やIQなどは成功にそこまで関係なく、継続性と諦めない心が成功に不可欠だという考え方です。

 

GRITを構成する要素は以下の4つです。

Guts 難しい状況に対しても立ち向かう闘争心

Resilience  失敗しても諦めずに続ける心

Initiative 自発的に目標を決めて何かを取り組む

Tenacity 執念、粘り強さ

 

上記の英単語の最初の4文字を取って、GRITと読んでいます。

 

GRITは最後まで何かひとつの事をやり抜く力のことを表した言葉です。

 

GRITを持っている方は、成功を収めることができる可能性が高いと言われています。

大事なのは才能と努力のどちら?

アメリカでは長年、努力と才能どちらが成功する上で重要か?というのが長い間研究されてきました。

 

長い間結論は出ませんでしたが、アンジェラ・ダックワース氏が成功者全員が必ずしも才能に満ち溢れているとは限らないことや、

 

高いIQの持ち主というわけでもないことから、成功するのに大事な要因のひとつとしてGRITが提唱されるようになりました。

 

GRITは、生まれ育った環境や、才能に関係なく持つことができれば成功を収めることができる、というのがGRITが広まった理由です。

「自分には生まれつきの才能がないからダメ」と諦めなくてもいい

 

どうせ自分には才能がないし何をやってもダメ...

成功するかどうか決めるのは生まれつきの才能でしょ?

 

と思ってしまって途中で諦めてしまう方は多いと思います。

 

特に最近は、生まれながらに容姿が良い方や、生まれつき才能がある方が評価されるという風潮があります。

 

そんな中、今更自分が何をやっても...と思ってしまうのも分かります。

 

ただ、最近では、IQや才能よりもグリットが成功する上で大事な要素であることが科学的にも証明されるようになってきたので、自分には才能がないといって諦める必要は一ミリもありません。

米国ではここ数年、成功を収めるための最も重要な要素として「グリット」が注目を集めている。その意味は、努力・根性・忍耐・情熱。人生で成功するには、IQの高さや天賦の才よりも、グリットのほうが重要であることが、科学的にも裏付けられている。米国でも(日本でも)、かつては、グリットが尊重されていたが、つい最近まで、天賦の才や優れた容姿、富を持った人が称賛され、努力や忍耐は軽んじられる傾向にあった。しかし、その流れが変わりつつあるという。『GRIT 平凡でも一流になれる「やり抜く力」』の共著者のリンダ・キャプラン・セイラー氏に、今なぜグリットが脚光を浴びているのかを聞いた。

 

GRIT(最後までやり抜く力)を持っている方であれば才能や環境関係なしに成功する可能性があると言われているため、

 

GRITを持つようにして、成功を手に入れられるように日々自己研鑽に励みましょう。

GRITには良いグリットと悪いグリットがある

 

GRIT(グリット)には良いグリットと悪いグリットがあります。

 

良いグリットを発揮することができると、柔軟に問題に対処しながら努力を継続して結果を出すことができます。

 

逆に良いグリットにかけていて悪いグリットを発揮してしまうと、上手く方向転換できなかったり、意地を張って一つのやり方にこだわってしまって、結果的に失敗に終わってしまうことになりかねません。

 

やり抜く力があるのはとても大事なことですが、根性があるために強情になってしまって、周囲の忠告やアドバイスを振り切り間違った方向にいってしまうということにもなりかねません。

 

悪い方向にいってしまわないように、謙虚さと、人の意見に耳を傾ける姿勢を忘れないようにしましょう。

 

良いグリット

・情熱

・幸福感

・目標設定

・自制心

・リスク・テイキング

・謙虚さ

・粘り強さ

・忍耐

成功するためには、上の8つの要素を持つことを意識することが大切です。

悪いグリット

・虚栄グリット 周囲からの賞賛を得るために自分を偽りながら成功を追い求めること

・強情グリット 日々の努力を怠り、お金や精神力などで目的を達成しようとすること

・セルフィーグリット 本来そこまで努力をしたわけじゃないのにも関わらず、さも自分だけの力で結果を手に入れたかのように振舞うこと

 

上の8つのどれかがかけていると、悪いグリットという状態に陥ると言われています。

 

GRITを持つ有名人

 

GRITを持っていると言われている有名人には、イチローが挙げられます。

 

努力せずに何かできるようになる人のことを「天才」というのなら、僕はそうじゃない。
努力した結果、何かができるようになる人のことを「天才」というのなら、僕はそうだと思う。
人が僕のことを、努力もせずに打てるんだと思うなら、それは間違いです。引用: 癒しツアー

 

またFacebookのCEOであるマーク・ザッカーバーグがGRITを成功に必要な要素の一つとして挙げています。

 

 

GRITを持っている人の特徴

 

GRIT(やり抜く力)を持っている人の多くは、「意義のある活動がしたいと考えている方が多く、なおかつ自分がやっていることが自分の興味のあることである確率が高いそうです。

 

自分の活動を通して、人と繋がったり人の役に立つことをしたいと考えている方は、GRITスコア(GRITがあるかどうかを表す指標)が高いそうです。

 

また、楽観主義で失敗した時でも「自分は失敗した」と考えない方、境地に陥った時でも諦めずに何度でも立ち向かおうとする方はGRITが高い傾向にあるみたいです。

 

GRITを持つために心がけるべきこと

 

 

成功するのに重要な要素だと言われているGRIT.

 

やり抜く力を得るために重要な"GRIT"を持つためには、私達は一体どうしたらいいのでしょうか?

 

GRITを持つために大事な事をまとめさせていただきました。

固定思考ではなく、成長思考をもつ

人はどうしても何かを始めようと思った時に、自分には才能がないから...と思ってしまいがちです。

 

人の能力は才能によるものであり、後天的に変えることはできないという考え方のことを固定思考

 

人の能力は後天的に努力と工夫次第でいくらでも変えることができるという考え方のことを成長思考と言います。

 

実際、IQは変わらないものではなく、努力によってある程度は変えることができることは科学的に証明されています。いいえ。生涯不変の固定値かのような誤解がありますが、加齢やテストの種類によって上下します。そして、IQでも総合的な知能でも、後天的に向上させることは可能であると考えます。確かに、遺伝的な差異による影響や、後天的な努力では向上させづらい幾つかの能力があることは否定できませんが、全体的に見れば後天的な要素が知能向上に寄与する割合は大きいと思います。引用: shake's thoughts

 

能力は必ずしも固定されているものではなく、後天的に変えることができるということを常に念頭に置くようにしておきましょう。

 

どうせ何をやってもダメ、という思い込みがあると何もできなくなってしまいます。

 

何か自分が没頭できる事を見つける

何かひとつ自分が熱中できる、好きだと思える趣味を探すことが大事です。

 

アンジェラ・ダックワース氏によると、成功者の中で、自分がやっていることを好きじゃなかった人はいないということでした。

 

自分が心から好きになれる趣味や、没頭できる仕事や特技を見つけること、またそれに夢中になることが大事なのかもしれません。

 

やり抜く力がある人は、自分の興味がある分野に夢中になっていることが多く、なおかつその興味がある分野が他者貢献できるものであることが多いので、まず最初に自分が興味が湧く趣味を見つけ、その趣味を通して他者貢献ができるように工夫してみましょう。

 

他人からの評価を集める

自分がやっていることの客観的な評価をもらうために、人と交流し自分のやっていることに対する評価をもらいましょう。

 

そうすることで、自分が成功するためには何をしたらいいのか、どこを改善すれば前に進めるのかが明確になりますし自分を客観視することができると思います。

 

一人だけでやっていると、どうしても自分がやっていることが正しいのか、間違っているのか分からなくなる時があると思います。

 

そういう時ほど、色々な人の意見や自分のやっていることに関する指摘などをたくさん集め、自分のやっていることの改善に役立てましょう。

他人からの評価を集めた上で受け止めて、改善に役立てる

自分の事を批判されたり、欠点を指摘されたりするのは、正直いい気分にはなりませんよね。

 

私も正直、自分の至らない部分を指摘されると自分が否定されているように感じてウッとなりますが、意固地にならずに聞いた方が自分への成長に繋がると思っています
かがみ

 

自分の至らない部分を素直に受け止め、改善に役立てることが成功への一歩に繋がります

 

人からの評価や評判を集めた上で、それを冷静に判断して、必要なものを改善へと役立てるのが成功への近道だということです。

 

これは英語の勉強に関しても、人生のあらゆることに関しても同じことが言えると思っています。

 

まとめ

今回は、何か一つのことをやり抜くのに必要な力であるGRITについて説明させていただきました。

 

GRITを持つことができれば、成功者になることができる確率が上がりますし、幸福度も上がると言われています。

 

やり抜く力を身につけるために、GRITスコアが高い人間になれるように頑張りましょう。

  • この記事を書いた人

かがみ

アメリカ出身の帰国子女です。TOEIC940、英検1級を所持しています。 軽度の発達障害やその他色々な「生きづらさ」を抱えていますが、そんな自分にも何かできることはないかと思ってブログを初めてみました。 英語の勉強法やライフハックについて知りたい方は、ぜひ見ていってください。

-ライフハック

Copyright© RETURNEE BLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.