メンタルヘルス

ネガティブな気分からなかなか抜け出せない...そんな時にオススメの対処法

氣分が落ち込んでしまったり、ネガティブになってしまってやらなきゃいけないことが進まなくなってしまった時は、一体どうしたらいいのでしょうか?

一回ネガティブになるとどんどん負のスパイラルに陥ってしまいますよね。

そういう時のために、自分なりにこうしたら気分が落ち着くんじゃないかと思うものをまとめました。

落ち込んでしまった時は読んで参考にしてみてください。

ネガティブになった時は試して見てください!

ネガティブになった時に気分を落ち着かせる方法

自分が悩んでいる理由を紙に書き出す

紙に自分の悩みを具体的に書くことで自分の悩みが可視化されて何から始めたら問題解決になるかが明確になります。

実際、ネガティブになっている時はなんとなく気分がもやもやしているだけで、なぜ自分が落ち込んでいるのか、自分でも分かっていない時が多いのではないでしょうか?

自分の悩みを紙に書き出すことによって頭の中が整理されて、気分がスッキリして自分が何に悩んでいるのかが明確になり、それを解決したらどうしたらいいかという道筋が見えてきます。

また衝動的に発生した感情を紙に書き出すことで気分を落ち着かせる効果があります。

カウンセリングを受ける

カウンセリングの先生に自分の悩みや話を聞いてもらうのは有効な手段です。

先生は「プロ」なので、自分が言っていることを基本的に否定せずに、うんうんと肯定しながら聞いてくれます。

自分の悩みを優しく受け止めてくれる先生方が多いので、安心して相談することができます。

たとえ具体的な解決策を提示されなかったとしても、ただ自分の話を聞いてもらうだけで気分が落ち着きます。

友達などに相談してしまうと否定されるようなことを言われたりして更に落ち込んでしまう結果にもなりかねません。

また相談内容によっては迷惑をかけてしまうかもしれないので、プロの人のカウンセリングを受けるのがいいでしょう。

カウンセリングは一回6000円から8000円で受けることが出来ます。ある特定の場合だと保険適用でカウンセリングを受けることが出来るので、1500円から3000円ですみます。

私はゆうメンタルクリニックに通っていました。プロのカウンセラーの方が真面目に話を聞いてくださるので、安心して話をすることが出来ました。

アロマを使ってみる

お香、ハーブ、アロマには癒し効果があります。普段から気分が昂った時に良い香りを嗅ぐようにすると気分を落ち着かせることが出来るでしょう。

アロマは種類によってそれぞれ違う効果があります。自分が求める効能を持つものを選びましょう。

 ラベンダー

一番使用されているアロマオイルです。リラックス効果があり、嗅ぐと気分が落ち着きます。お風呂に入れたり、アロマディフューザーを使って部屋で香りを拡散させるといいでしょう。

 オレンジ

明るくポジティブな気分になりたい方にはオレンジのアロマがオススメです。血行をよくする効果があり、冷え性に効きます。

フレッシュなオレンジの香りでネガティブな気持ちを吹き飛ばしてしまいましょう。

イランイラン

女性ホルモンのバランスを良くする効果があるアロマです。PMSや更年期障害に悩まれている方、心地いい眠りを体験したい方にオススメです。

部屋を片付ける

試験前になると唐突に部屋を片付けたくなる現象、学生の時に経験したことありませんか?

これは一種の現実逃避ですが、実際部屋の片付けには気分がスッキリして落ち着かせる効果があると思います。

気分が落ち着かない時や落ち込んでいる時、イライラしている時は一回部屋を片付けてみましょう。

部屋を片付けることで気分がスッキリして、頭の中も部屋の中も整理されて作業もやりやすくなります。

また、部屋を片付ける際に物の置き場所も常に決めておくようにすれば物がどこにあるか迷うこともなくなり、無駄に時間を消費することがなくなります。

あれ、どこにあったっけ?

物が見つからず、無駄に時間を消費してしまい、結局やるはずだったことを先延ばしにしてしまった...

こういうことがある方って意外と多いのではないでしょうか?

ADHD傾向がある私は、よくそういうやらかしをして時間を無駄にしていました苦笑

タイムロスを防ぐためにも、部屋の片付けをする前に物の置き場所は必ず決めておきましょう。

また、使ったものは必ず決めた場所に戻すようにすると、物が見つからないという現象が発生するのを防ぐことが出来ます。

物が見つからないという現象が少なくなれば、それによってイライラしたりネガティブになったり落ち込んだりすることも減りますよね

汚い言葉遣いではなく、綺麗な言葉遣いで話すように心がける

言霊という言葉がありますが、綺麗な言葉遣いを話す人は心が安定した状態、汚い言葉遣いで話す方は心が不安定になるそうです。

心が荒れている時こそ、丁寧な言葉遣いで考えてから話すようにすると、少し気分が落ち着くかもしれません。

個室で一人の時間を過ごす

無駄な情報が入ってくると鬱になりますし、人と接すると神経を使って疲れるので、スマホやネットを使うのをやめて、一人で静かな場所でゆっくり時間を過ごすと落ち着くと思います。

また、「トイレにひとりでいると落ち着く」という話はよく聞きます。

精神的に荒れていて不安定な時は、お手洗いで一人の時間を過ごすのはおすすめかもしれません。

睡眠を取る

寝ると頭の中の老廃物が洗い流されて、頭の中が整理されることが科学的に証明されています。

嫌なことがあってネガティヴな気分になって疲れてしまった時は、可能ならばできるだけ早く布団に入るのがいいと思います。

とてつもなく嫌なことがあったとしても、布団の中に入って睡眠をとれば次の日には気分が多少回復していると思います。

本を読む

荒れた学校で毎日決まった時間に本を読ませるようにしたら、落ちついたという話があります。

本を読むのは気分を落ち着かせる効果があると言われています。

特に最近はネット依存症の方が増えて活字を読むことが少なくなっていると思うので、一回ネットをやめて一人で落ち着いて本を読む時間を作るのは精神を落ち着かせるのにいいと思います。

瞑想する

目を閉じて深呼吸をしながら、息を深く吐き出しましょう

マインドフルネスはネガティブな気分を解消する効果があることが科学的に証明されています。

ネガティブなことばかり考えてるとテロメア(遺伝子の寿命を司る部分)が短くなるので、出来るだけ頭の中を空っぽにするようにするといいと思います。

瞑想するときは無音でもいいですが、癒し効果がある音楽をかけながら瞑想するとより落ち着いた気分になることが出来ると思います。

お笑いを見る

病は気からと言いますが、笑うと楽しくなって嫌なことを忘れてしまいますよね。

Youtubeなどで面白いチャンネルのチャンネルを見つけると毎日の楽しみが増えると思います。

運動する

運動するとストレスを解消することが出来ます。ランニングやジョギングなどのリズム運動を行うことでセロトニンの量を増やすことが出来ます。

セロトニンは近年「幸せホルモン」と言われ、ストレス軽減に役立ち、幸福感を感じたりやる気を促進する効果があります。

セロトニンの量を増やすことで幸福感を感じやすくなります。また太陽の光を浴びることでセロトニンを分泌させることが出来るので太陽の光もセットで浴びるといいです。

ライブフェスに行く

今の時期は厳しいかもしれませんが、状況が落ち着いたらライブフェスに行ってみるのも一つの手です。

自分の好きな音楽を聴きながら思い切り騒いだり、シャウトしたり汗を流しながら体を動かしたりするとストレス発散出来て気分がすっきりはずです。

-メンタルヘルス

Copyright© RETURNEE BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.