メンタルヘルス ライフハック

先の見えないコロナ禍を乗り切るために必要な「SOC」とは?

いつ収束するのかが分からない、先が見えない…そんな状況では、なかなか前向きに物事を考えられ無くなってしまいますよね。

 

コロナ禍で気が滅入ってしまう方も多いと思います。

 

ニュースをつけても目に飛び込んでくるのは暗いニュースばかり、コロナが収束する気配もない…

 

そんな中、メンタルを保ったままでいるには、気を強く持っていられるようなマインドセットが重要になります。

 

なかなか収束する気配がないコロナ禍でメンタルを病んでしまいそう…という方のために、希望を失わないでいられるマインドセット”SOC”について詳しく説明したいと思います。

 

SOCとは

SOCはアウシュビッツ収容所で壮絶な体験をした後も、生き生きと前向きに健康に暮らすことができた人たちが持っていた考え方を説明した言葉です。

 

SOCとは、sense of coherence (首尾一貫感覚)の頭文字を取った言葉です。

 

SOCは以下の三つの要素で構成されています。

 

・有意味感

・処理可能感

・把握可能感

 

「有意味感」は今自分がやっていることが意味のあることであると感じる気持ちのことです。

 

よく子供や学生が「勉強ってなんの意味があるの?」と大人に向かって質問しているイメージがあります。

 

勉強することに意味が見出せないと、やっていても何も面白くないし、やる気も全く出ませんよね。

 

そこで学生に勉強することに意味があると思ってもらえるように伝えること、

 

つまり「有意味感」を感じられるように勉強することの大切さや意味を教えてあげられると、

 

学生が勉強をすることに「有意味感」を見出せるようになって、

 

自分から進んで勉強を始めるようになります。

 

何事も有意味感を感じられるか否かで、モチベーションを維持できるかどうかが変わってきます。

 

やってても面白くないな、と感じた時は、「有意味感」を感じられるように「自分が今やっていることの意味」を考えてみましょう。

コロナ禍でパニックに陥らないために

終わりの見えないコロナ禍で気が滅入っていて、精神的に病んでいる方も多いと思っています。

 

コロナ禍こそ、有意味感を持たないと乗り切れないものだと思っています。

 

有名な方が亡くなったり、なかなか感染者が減らず落ち込むような暗いニュースばかりですが

 

この困難な状況も、意味のあるものだと思うようにすることで精神を強く保つことができます。

 

もちろん、コロナ禍なんて無い方がいいに決まっているのですが、そう思ったところで時を戻すことはできないので前向きに考えましょう。

 

発想の転換で、コロナの影響でリモートワークが普及し、

 

人と接することに抵抗を感じる方が生きやすくなる社会が来る、

 

また社会のあり方が見直されて変革が起きるという風に考えれば、

 

コロナ禍にも少し意味があると思えるのではないでしょうか。

 

コロナ禍に有意味感を感じられれば、先が見えない辛い状況を乗り切ることができるはずです。

有意味感を感じられれば人生が楽しくなる

私の口癖は「生きてても何も面白くない、人生の意味なんかない」でした。

 

いわゆる、「メンヘラ」な私は生きることに意味を見出せなかった、

 

つまり人生に「有意味感」が感じられなかったのです。

 

人生を楽しむ上で、人生に意味を感じること、また今やらなきゃいけないことに意味を感じられることはすごく大切だと思っています。

 

人生に意味があると思うには、何かを信じること、また人とのつながりを作ること、そして没頭できる趣味を見つけることが大事です。

 

みなさんも「自分の人生にはなんの意味もない」と思わないように、人生に有意味感を感じられるようになるために何か信じられるものや人との繋がりを作ってみましょう。

処理可能感について

 

処理可能感は、今起こっていることが、処理可能な出来事であると考えることをいいます。

 

人間は自分が対処、または処理できないと思った問題に対して、抵抗感や恐怖心をかんじます。

 

逆にこの問題は自分の力で対処、処理できるものだと常に思える方は、

 

困難な状況になってもパニックに陥ることがなく冷静に問題に対して対処することができます。

 

何事も自分には処理可能なものであると思えるように、問題の全体像を把握し問題処理するには何をしたらいいか書き出して分析してみたり、友人や同僚に対処法を聞いてみることが大事です。

 

なかなか先が見えないコロナ禍に対して処理可能感を抱くのは難しいと思いますが、

 

ちゃんと感染対策などの対処しながら生活していればコロナに感染することもなく自分と他人の身を守ることが出来ると思うようにして、

 

「コロナは処理可能な問題で、時期がきたら収まる」と前向きに考えるようにしましょう。

 

把握可能感について

 

「把握可能感」とは、今起きている問題がどんなものなのか、大体全体像を把握することができるという感覚のことです。

 

人は理解できないもの、分からないものに対して恐怖心を抱き、拒絶しようとしたり、嫌悪感を抱いたり避けようとしたりします。

 

「差別」が起きるのも、結局のところ「よくわからない、理解できないものが怖い」という人間心理があるからではないでしょうか。

 

コロナが怖いと言われるのも治療法が開発されておらず、コロナがどんな病気で治療法やコロナの実態が分からないからです

 

逆に言えば、「よく分からないもの」に対しても物事の全体像を把握することができるという感覚、つまり把握可能感を感じることができれば、

 

恐怖心を抱いたり、過剰に反応して怖がったり、敵意を抱いたりすることもなくなると思うのです。

 

コロナやコロナ禍に対しても「何が起きてるのかよく分からないから怖い」「コロナの対処法がまだ見つかってないから怖い」と考えている方が多いのではないでしょうか?

 

「コロナ禍は把握可能なものである」という風に、パニックに陥らずに起きていることを俯瞰で見て、冷静に受け止められるようになるとあまり落ち込むことがなく現実を受け入れられると思うので、

 

コロナ禍で何が起きているのかを冷静になってデータを集めて客観的に把握するように努めましょう。

まとめ

アウシュビッツ収容所で凄惨な目に遭ったにも関わらず、その後前向きに生きることができた方々に共通していたマインドセット”SOC”について具体例を交えて解説してみました。

 

乗り越えられそうにないなと思うような困難な状況や辛い状況に陥った時、SOCを思い出して、乗り切るように頑張りましょう。

  • この記事を書いた人

かがみ

アメリカ出身の帰国子女です。TOEIC940、英検1級を所持しています。 軽度の発達障害やその他色々な「生きづらさ」を抱えていますが、そんな自分にも何かできることはないかと思ってブログを初めてみました。 英語の勉強法やライフハックについて知りたい方は、ぜひ見ていってください。

-メンタルヘルス, ライフハック

Copyright© RETURNEE BLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.